ゲームユーザー同士のコミュニティをお探しならゲームポート!ギルドのホームページも簡単作成!

ようこそゲストさん 会員登録 | ログイン

cobaltalloyさんのブログ

ステライト合金は良好な耐酸化性を有する

New!2017年12月06日  テーマ:テーマなし

全ての反応(0)コメント(0)

ステライト合金超合金は、炭化物強化に大いに依存している。 417°Cの純粋なコバルト結晶は、より高い温度でfccに変換される高密度の六方晶(hcp)結晶構造である。ステライト合金利用可能な耐性るつぼボイラ。また、誘導炉(電源周波数、IF)も使用されています。合金の構造は、純粋な金属よりはるかに複雑です。合金は2つ以上の元素からなるので、元素間の相互作用は様々な異なる相を形成する。同じ化学組成、同じ構造、および均一な成分による界面の他の部分との相と呼ばれる金属および合金において我々は、

機械的合金化によって調製された粉末冶金超合金。機械的合金化(MA)は、高エネルギーボール酸化物超微粒子粉末と十分に均質化によって、構成要素の関数であり、粉末金属合金粉末に加工します。 MAの原理は、機械的な力の下での金属粉末の変形、壊れた繰り返しの冷間溶接である。高硬度及び金属酸化物粉末中にMAを連続軟質金属マトリックス中にラビングされ、それは、粉末は、実質的にサイズが限定されるものではなく、混合は異なります。

コバルト基超合金は、一般的に980℃以上の温度で低および中高温強度(わずか50から75パーセントのニッケルベースの合金)が、コヒーレントな強化相を欠いているが、高強度、良好な熱疲労および耐食性を有します耐磨耗性に優れ、溶接性も良好です。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。ステライトバルブの弁箱http://jp.cobaltalloy.net/

全ての反応(0)コメント(0)

≫ 記事一覧を見る

みんなの反応

反応を残すにはログインが必要です

コメントをするにはログインが必要です

無料会員登録

ご利用ガイド