ゲームユーザー同士のコミュニティをお探しならゲームポート!ギルドのホームページも簡単作成!

ようこそゲストさん 会員登録 | ログイン

こうぇううぇさんのブログ

小さなイボが、首まわりに増えてきた!

New!2018年01月10日  テーマ:テーマなし

全ての反応(0)コメント(0)

1.症状
通称“首イボ”は、中高年になると増える



30代を迎えるあたりから、首まわりに小さなイボができることがあります。最初は1〜2個だったイボが「あれ、ここにもイボがあったけ? あれ、こんなところにも!?」と、いつの間にか多発している場合も……。特に痛みやかゆみはないけれど、指でつまめるほど飛び出したイボは人目につきやすくて、<strong><a target="_blank" href="http://www.hopekanpou.net/seiryokuzai-19.html">黒倍王</a></strong>男性はワイシャツの襟、女性はハイネックやアクセサリーで擦れて、不快に感じることもあるようです。



2.原因

イボは大きさによって3つの名称がある

一般的に“首イボ”と呼ばれていますが、首以外にも、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)など、皮膚の薄い場所にできやすいのが特徴。<strong><a target="_blank" href="http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20">シアリス 通販</a></strong>イボは皮膚の線維や脂肪から成り立っています。医学的には、イボの大きさによって名称が変わり、2〜3?で多発しやすいものを“アクロコルドン”または“スキンタッグ”と呼びます。単発でやや大きなもの(直径約1?)は“軟性線維腫”。軟性線維腫がさらに大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものを“懸垂性線維腫”と呼びます。

特に更年期を過ぎた女性や、肥満者に多発

このようなイボは良性の腫瘍で、感染の心配はありません。1つだけできる場合もあれば、数えきれないほどたくさんできる場合もあります。皮膚の老化、または体質によってできるもので、アクロコルドンは早い人なら20歳くらいから発生。<strong><a target="_blank" href="http://www.kanpouone.com/seiryokuzai-26.html">五夜神</a></strong>しかし、ほとんどは30歳以降に発生し、加齢と共に増えていきます。特に、更年期を過ぎた女性や、肥満者に多く見られる傾向が。

全ての反応(0)コメント(0)

≫ 記事一覧を見る

みんなの反応

反応を残すにはログインが必要です

コメントをするにはログインが必要です

無料会員登録

ご利用ガイド